IT産業と業界について…IT産業というのは、ハードウェア、ソフトウェア、ネット、情報処理サービス…

IT産業と業界について

IT産業というのは、ハードウェア、ソフトウェア、ネット、情報処理サービスという4つの業界に分けることができます。ハードウェア業界というのは、パソコン本体や電子回路、周辺機器を扱っています。近年ではインターネットに接続するための機器についても含まれるようになってきました。パソコンや携帯電話といった機器がハードウェアの代表的な例としてあげることができるでしょう。一方で、それらの中身について開発するのがソフトウェア業界になります。ソフトウェアがなければ機器を動かすことができないので、IT産業のなかでも重要な位置を占めていて、裾野の広い分野だと言えます。ソフトウェアには、オペレーティングシステムの開発と、そのシステム上で起動できるアプリケーションソフトの開発という2つの種類があります。

……
Windowsのシステムを例にするならばWindows7がOSで、ブラウザソフトや文書作成ソフトがアプリケーションになります。そして、情報処理サービス業界というのは、顧客のニーズに合わせたシステムインテグレーション業務を行うものになります。企画・立案から開発、管理までを担当します。ネット業界というのは、ホームページの制作やネットワークの構築のほか、通信インフラの整備やポータルサイトの運営などを手がけていくものになります。






ガン保険を知っている人は多いでしょう。ガンのための保険商品でガンで入院等したときに保険金が支払われることになっているものです。入院に伴う多額の出費があります。それら支払いに補てんすることができます。ガン保険についてはよく考えてみましょう。-

しっかりと相続問題について考え続けていれば無事に解決を見ることになるかもしれません。うまく相続税を終わらせるには相続税の申告などの手続きについてしっかり方向を考えることです。相続税についての問題は納税資金を織り込むための遺産分割協議に当たって誰しも悩む問題です。相続対策の問題はきちんと手続きを踏むことがいいのです。-

次を読む≫