社会保険庁とIT系革命…IT系の改革は製造業だけではなく、様々な機関、業種、部署単位、で行われつつ…

社会保険庁とIT系革命

IT系の改革は製造業だけではなく、様々な機関、業種、部署単位、で行われつつあります。 今回は機関の例として社会保険庁の年金問題にフォーカスをあてて考えてみたいと思います。今、社会保険庁の年金記録問題がかなりクローズアップされ大きな社会的問題として取り上げられています。 年金記録のない人、異なる年金記録が登録されてしまっている人、浮いてしまっている年記録などなど、数えていったらきりがありません。もう数十年単位での記録管理ですので、それほど前からIT化をしておけば、と言うのは酷なことかもしれません。

……
しかし、年金管理記録と受給者の紐付けの管理、年金管理記録自体の管理体制、等々をしっかりとシステマティックにしておけば、このような問題が起こらなかったか、もう少し軽度な問題で済んだのかもしれません。また製造業のIT化がクローズアップされてきたころから、他業種でもIT化が進みつつありましたが、このタイミングで社会保険庁も年金記録の管理体制にIT系の革命を入れるべきだったのでしょう。 今となっては、個人情報保護法もある関係で、こうした年金記録問題を派遣やアルバイトに委託することが難しくなっています。 職員の方の検討を祈るのみです。






保険販売の仕方が変わったことでびっくりするような金額の保険も見かけるようになりました。新しい保険の選び方が可能になってきています。ライフネット生命のような保険会社が現れその安い保険を選ぶようにしましょう。-

住宅ローンは悩まないといけないのでしょう。住宅取得で苦労するのは住宅ローンと付き合うことです。住宅取得後の自分の生活イメージを考えれば住宅ローンをかかえた人生を考えるという問題も予想したよりスムーズかもしれません。引っ越し代その他いろいろな負担まで考えないといけないという心配もあり簡単なことではありません。住宅ローンの比較頑張りましょう。-

次を読む≫